宮崎県から【地域特化型PR】をサポートします | oilのロゴ

パブリック・リレーションという概念

Public Relation

こんにちは!東郷あすかです。^^

ウェブサイトリリースしました〜♪嬉しいなぁ。

このBLOGでは主にお仕事やPRのノウハウについてお伝えしていきたいと思います。

お暇なら見てよねっ!

ということで、皆さんはPRと聞いてどんなことを思い浮かべますか?

広告、広報…そんな言葉が思い浮かぶんじゃないかなーって思います。
私が言ってる「PR」というのはちょっと意味合いが違います。

アメリカPR協会(PRSA:Public Relations Society of America)が2012年に発表した「PRの定義」について記したいと思います。

“Public relations is a strategic communication process that builds mutually beneficial relationships between organizations and their publics.”

パブリックリレーションズとは「組織」と組織をとりまく「パブリック」の間にある相互に利益のある関係を築く、戦略的コミュニケーションのプロセスである。

つまり、ビジネスを構築する全ての関係者(既存顧客、潜在的顧客・従業員・経営者・メディア・サプライヤー・オピニオン形成者など)との良好な関係を築くことによって、互いに利益を生み出すようにコミュニケーションをとっていくということ!

ですので、一方的な広告ではない。
外に対してただ伝えていく、広報ともちょっと違う。

もっと広範囲で、
サスティナブルな企業の形成に欠かせないものがPRなのです。

そんなPRの概念を軸に、様々なサービスを提案させていただいています。

【サービス概要】
■デジタルなPR:アーンド・オウンドメディア(website/SNS)運用・研修
■アナログなPR:ホスピタリティ研修(国内外顧客向け)ツール制作・研修
■デジタル×アナログなPR:コンテンツライティング・翻訳

それぞれ、クライアントの皆様の課題を把握した上で、
KGIやKPIを定め、PDCAを回していくお手伝いを行います。

また、宮崎は独自の市場特性があります。
県外の方がコンサルしてもそれは当てはまらないことも多々。

実務経験により、その実情も把握し、市場に合わせた対応が可能です。

そのあたりもこちらのBLOGでちょいちょいだしていきますー!!!

「情報をできる限りアウトプットしていくこと」もPRの基本ですね♥

それでは、またー!